★通夜勤行について

故人と家族が

つとめる最後のお夕事

葬儀の前夜に

通夜勤行をつとめます。

この夜は、故人の

遺体が存在する

最後の夜であり、

従って故人に

とって、

これが最後の

お夕事(ゆうじ 

夕べの勤行)

の意味を

もちます。

つね日ごろ故人と

お夕事を

いっしょに

お朝事(あさじ)、

お夕事をつとめた

家族はもちろん、

これまで一度も

その機会の

なかった知人、

友人も、

せめてこの夜は

故人とともに

おつとめ

するのです。

地域によって、

お勤めは

変わります。

お勤めは、

阿弥陀経

定められて

または

「正信偈」

六首引と

いますが、

東京地方では

「初夜礼讃」を

様々です。

お勤めするなど

通夜とは

もともと

親しい方が

集まって

文字通り

厳密に言えば

夜通し

お経の声、

お念仏の声を

途絶える

ことなく、

苦楽を共に

されてきた方の

死を人ごとに

御文章拝読

法話や

終わりには

があります。

ですので、

問題として

捉えてきた

夜の法座

であります。

せず自分の

葬儀規範勤式集には

通夜の意義を

「葬儀の前夜に

知人など苦楽を

近親者や友人、

共にした人々が

仏前に相集い、

故人を追憶して、

仏恩報謝の

法義相続の

場とする」と

懇念を深め、

明示されています。

2109074_edited_edited.png

葬式は

例えば

「10時~11時」

​というように

行われる

時間枠の中で

儀式です。

一方、

通夜は

偲ぶ場で、

亡き人を

しているのでは

儀礼で

元来、

お身内の

ための時間であり、

大切な方の

夜通しで

身体の

形ある

最後の夜です。

それぞれが

それぞれの

心の中で

お別れを

して下さい。

ようでも、

東京地方では

喪服に

身を包み

葬儀社の

葬式と

アナウンスで

全く同じに

焼香順位が

ことすら

読み上げられる

珍しく

ありません。

明日は、

こらえて

火葬しなければ

悲しみを

ならない

大事な

夜なのです。

儀式には

だから、

下さい。

お葬式に

儀礼は、

明日の

回しておいて、

しないで

葬式との

​これでは余計に

区別が

つかなくなって

ご案内の

型の無いのが

交通網の

整備が追いついて

いなかった時代。

突然の

「18時~」

​と時間の

くくりの無い

実際には

1時間。

半通夜なんて

おかしな

だからでしょうか。

言い回しも

あります。

儀式っぽく

なって

益々

そうではない

地方によって

所も

ありますが、

いりません。

こだわりは

通夜に

着の身着のまま

駆けつけたものです。

訃報には

平服で

いいはず

平服で

行っちゃ

いけないの?

119052m_edited.png

通夜。

「通夜式」

葬儀社の方々も

という

表現は

避けて

いただきたい

前日の

​ありません。

​しまいます。

ですから

「荘厳壇の

一例です」

「祭壇とは

言わない」

ものです。

本来なら

なんですよね。

page001 (2).png

前ページへ

お葬式

トップへ

次ページへ