★納骨について

まだまだ

お寂しい

満中陰を

迎え

この時期を

目安

納骨

多い

中陰壇も

取り

★大谷本廟への納骨について

大谷本廟とは

親鸞聖人の

お墓です。

さなかで

585997_edited.png

られ

ますが、

として

される

方が

です。

よう

払い

ます。

大抵は葬儀社が

引き取って

くれるはずです。

納骨の仕方は

二通り

あります。

ひとつは聖人の

ご遺骨が

「明著堂」

の中に

散骨

安置されている

するものです。

といい、

「祖壇納骨」

お骨を

もうひとつは

真龍寺の

納骨所に

「無量寿堂納骨」

があります。

所有する

安置する

この

場合は、

規定の

小型骨壺に

分骨して

納骨します。

738803.png
841687.png

お返し

することは

出来ません。

どちらの

せよ、

証明書が

方法に

お寺の

必要に

なって

きます

ので、

ご相談

下さい。

原則、

赴き、

京都へ

住職が

​・

お勤め

いたします。

​・

施主様が

来られない

ご郵送

本廟

場合でも

お扱いは、

からの

いたします。

★喪中?

大切な方を

亡くされ、

悲歎に暮れる中、

新年のご挨拶を

喪中だからと

遠慮すべく欠礼

ハガキ等で

お知らせされる方も

いらっしゃいます。

浄土真宗の教え

の上からは

喪中という捉え方

はしません。

悲しみの中に

あって潤涙は

当然の事ですが、

生きていくことは

我が身中心です

から、喪に服す

ことすら出来ない

我が身で

知らされる

なのであります。

お念仏を

いただく我々に

ご法義

ありましたと

とっては

不必要

喪中ハガキは

ないでしょうか。

なのでは、

しかし、

そうは

言ってもと、

時期を見て

世俗の

慣習が

気になる

方は、

寒中見舞いを

出されては

如何で

しょうか。

前ページへ

お葬式

トップへ

次ページへ