法事は

年忌や

年回

法要

だけを

指す

言葉

では

ありま

せん。

お葬式

なども

すべて

法事

です。

当たる

一回忌

なの

年回は

往生

年を

された

入れて

数えて

ます

ので、

一周り

した

一周忌

翌年を

表記

します

が、

二回忌

同じ

意味

です。

​です

ので、

亡くなって

丸二年

が、

三回忌

なり

ます。

以後、

計算は

一緒

です。

年忌

年は、

どの

ように

決まった

のかは

定か

では

ありま

せんが、

故人を

偲び、

慕う

心が、

年忌の

習慣を

定着

させて

きた

ので

しょう。

つまり

仏縁

なの

です

から、

数字に

こだわる

事なく

四回忌

八回忌

あっても

当然

ですし、

私が

​み教え

聴聞

する

仏法者

になる

ことが

大切

です。

なの

New file.png

令和

4年

2022

年回表

本山

では、

​23.27

​回忌の

ご縁を

25

回忌と

して

おり

ます。

聴聞風景スケッチ_edited.png

仏教が難しい

のではありません

仏法をいただく

私の側が

難しいのです

​ご法事は

亡き方が

​ご用意

下さった

仏縁

私の

ために

​偲びながら

仏の仕事に

遇うのです

浄土真宗は

ご本願を聞いて

私が確かに

なるのではなく

確かな

ご本願を

聞かせて

いただく

宗旨です

それは

我が身

あきらかになり

自分のものさしを

中心が

問うていく

ことになります

大切な

ことは

私が

南無阿弥陀仏と

念仏申す人に

なること

私が

​聴聞する

仏法者に

なること

何が

亡き方の

ご一緒に考えて

願いに

こたえる

生き方

なのか

まいりましょう。

南無阿弥陀仏

前ページへ

お葬式

トップへ