参考文献

「浄土真宗本願寺派

葬儀・中陰勤行聖典」

豊原大成編著

自照社出版

​お葬式を考える

「お坊さん 上・下」

「よく分かる仏事の本

新版 浄土真宗」

「仏事の小箱」

今小路覚真著

中西智海監修

​菅純和著

本願寺出版社

世界文化社

御堂さん編集部 本願寺津村別院

大切な方や知り合いの

往生を

して

縁と

私の

考え

(方向性)

させ

今後

られた

という人も

お寺は

ない

でしょう。

少なく

法事を

する

場所

だけの

では

僧侶は

する

ありま

せんし、

葬式

だけを

人では

ありま

せん。

仏教は、私が

仏にならせていただく

教えであり、

お寺は仏さまの

法(おみのり)を伝える

道場

なの

です。

お釈迦様が

悟られた

真理はどの宗旨宗派でも

いつの時代でも

変わる事はありませんが、

それを

常に揺れ動きます。

捉える

私達

心は

どのようにお悟りに

至ることが出来る道なのか。

お釈迦様の対機説法や

仏道は

祖師方の解釈により

当然

意味

様々です。

葬儀に

おける

ながら

合いが

変わって

きます。

私たち浄土真宗は

その中でも

阿弥陀さまの側から

救って

仏道を

歩みます。

悟ら

せて

浄土の

往生

下さる

下さる

この事をご理解いただいた上で、

皆様

葬送の

考え

ご一緒に

儀式に

ついて

たいと

思います。

ここでは浄土真宗の

仏事としての

流れを

分かり

するために、

あえて

通し番号を

付けています。

やすく

2306172.png

次ページへ

2107381 (1).png